信用取引について

信用取引とは、保有する現金や株を担保にして、自己資金より多い金額の取引をしたり、株券を借りて売る取引のことをいいます。 信用取引には2種類あり、制度信用と一般信用があります。制度信用は取引のルールを証券取引所が決めています。返済期限があり、取引できる銘柄も各取引所が指定した銘柄しかできません。しかし、制度信用は一般信用より信用金利が安く、新規売りもできます。 一方、一般信用は取引のルールを証券会社ごとに決めています。そのため、その内容は証券会社によって多少違いますが、基本的に返済期限がありませんが、新規売りはできません。 空売りは貸株料が必要ですが、制度信用では空売りが増えて貸株が不足すると逆日歩という費用を追加で支払わなければなりません。逆に、買い方は逆日歩を貰うことができます。 以上のような特徴をいかして行う取引としては、どの証券会社でも手数料が現物より信用の方が安いので、デイトレードやスキャルピングといった超短期トレードが向いています。ちなみに、制度信用も一般信用も手数料は同じです。 また、クロス取引にも向いています。クロス取引とは、信用と現物の取引を同時に行うことをいいますが、株主優待の権利落ち後に株価が下落してしまって、株主優待の価値以上の損失をすることを防ぐことができます。 信用取引は元手の資金の3倍までの取引ができますが、無理をしない取引をすることとで、収益の機会を増やすことにつながります。

おすすめサイト